起業方法はあくまで株式会社を前提に説明をしています。なぜならば前回も申し上げたとおり、有限会社が廃止となったからなのです。でも有限会社は資本金が300万円あれば設立できましたが、株式会社は資本金が1千万円ないと設立することは出来ませんでした。有限会社が廃止になっては、会社を立ち上げることができなくなります。

そこで『新会社法』では株式会社を設立する時には1千万円なんていう大金を用意しなくても良いということになりました。なんと1円で株式会社を設立することが出来るようになったのです。これは2002年から特別な手続きをすれば『1円会社』を設立することが出来るようになったのが、『新会社法』では特別な手続きも要らなくなったのです。

起業方法として1円会社を選択する人も増えてきています。特に今まで資本金が用意できなかった個人事業主などは、『新会社法』成立を機会に法人化する人も増えてきているようなのです。やはり個人事業主と法人では税金面での待遇が異なりますので、ある程度の利益を出している個人事業主は、法人化することをオススメします。

会社を設立して経営者になることは、『新会社法』などの成立によって以前よりもハードルは低くなっています。この環境を利用し、これからは雇われる立場から雇う立場に変わるのも悪い選択ではないと思います。また、一人で起業して、アウトソーシングを活用して会社を運営するのもリスクが少なく、おススメの起業・独立方法です。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

起業方法を理解する上で欠かせないのが『新会社法』に関する知識なのです。先ほども申し上げましたが『新会社法』は2006年5月よりスタートした新しい法律なのです。これまでの会社に関する法律を分かりやすく一本化をしたものとなります。次からはこの『新会社法』について代表的な部分を説明したいと思います。

起業を考える上で『新会社法』の理解は欠かせません。『新会社法』が出来たために会社に関するさまざまなことが変更や廃止されました。例えば代表的なのが『有限会社の廃止』なのです。『新会社法』が開始された今となっては有限会社を設立することはできなくなりました。ただし今ある有限会社に関しては廃止されることはないのです。

『新会社法』の設立で有限会社が廃止されたことで、すでに有限会社を名乗っている企業は、多少不利なところもあるかもしれません。なぜならば今後有限会社は増えないため、有限会社を名乗っている企業は古い会社とみなされるかもしれないからなのです。会社にとってイメージは大事なのですから、ちょっと困ったことです。

しかし古い会社というのは、長い間続いている会社ということになりますので、信用できる会社と見られるようになる可能性もあります。ただ有限会社から株式会社には簡単に変更が出来るようなのですので、検討してみるのも良いかもしれません。

会社を設立して経営者になることは、『新会社法』などの成立によって以前よりもハードルは低くなっています。この環境を利用し、これからは雇われる立場から雇う立場に変わるのも悪い選択ではないと思います。また、一人で起業して、アウトソーシングを活用して会社を運営するのもリスクが少なく、おススメの起業・独立方法なのです。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
債務整理
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
プロフィール