会社を設立する方法として次におさえておきたいことは、会社登記の申請なのです。会社登記に必要な書類が用意出来たら、その書類をまとめて管轄の法務局に設立登記の申請をおこなうことになります。設立登記申請の日が会社の設立日となりますので、出来れば縁起の良い日などにすると良いでしょう。例えば大安にするとか、自分の何らかの記念日にするなどもいいかもしれませんね。

起業登記には各種書類などが必要となりますので、以下をしっかりと確認をするようにして下さい。
・登記申請書
・登録免許税納付用台紙
・定款
・就任承諾書
・発起人決定書
・資本金計上証明書
・設立時代表取締役選任決定書
 取締役が複数いる場合に添付してください。
・印鑑証明書
・OCR用申請用紙
・印鑑届出書

起業登記をする際は、各種の書類一式を法務局に提出するわけなのですが、書類のまとめ方があります。少し面倒なのですが・・・。登記申請書から印鑑証明書までをホチキスでひとまとめにします。そしてひとまとめにした書類にOCR用申請用紙と、印鑑届出書をクリップでとめて終了となります。

会社を設立して経営者になることは、『新会社法』などの成立によって以前よりもハードルは低くなっています。この環境を利用し、これからは雇われる立場から雇う立場に変わるのも悪い選択ではないと思います。また、一人で起業して、アウトソーシングを活用して会社を運営するのもリスクが少なく、おススメの起業・独立方法なのです。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

起業方法を知らない人は、会社を興すことをとても難しく感じるかもしれませんが、会社を設立することは、それほど難しいことではないのです。知識は力です。本当に自分がやりたい事をやるには、起業の道が一番なのです。まずは会社を設立する方法のおおわくの流れを掴むことが大切です。

会社設立の方法として、起業登記の申請書の作成となります。起業登記の申請書は全て様式が決められています。そのため記載内容などが決められた様式と異なる場合は、何度も法務局へ行かなくてはならなくなったり、最悪の場合は設立登記の申請自体がやり直しになってしまうこともありますので注意が必要なのです。

起業登記の申請書として作成すべき書類は以下の4つとなります。
・登記申請書
登記申請書には、商号、本店、登記の事由、登記すべき事項、課税標準額、登録免許税、添付書類などを記載することになっています。 
・登録免許税納付用台紙
登録免許税とは登記の申請をする際に納める税金のことをいいます。登録免許税は納付用台紙に税額分の収入印紙を貼り、登記の申請書を上にしてホチキスで止めて契印して納付します。

起業登記の申請書の書類の続きについてです。
・OCR用申請用紙
OCR用申請用紙とは、法律で定められている登記簿に載せることができる事項だけをコンピュータに読み取らせるため特殊な用紙のことをいいます。
・印鑑届出書
起業の登記の手続きでは代表者印の届け出も行ないます。代表者印の届け出は登記の申請が代表者本人からであることの確認のほか、会社の実印の登録という大切な意味を持っています。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

起業し、会社を設立する方法として会社登記の申請の次におさえておきたいことは、諸官庁への届出なのです。起業登記が完了したら、ようやく会社としてスタートすることになります。しかしまだやる事は残っています。実際に本当に会社としてスタートするには、税務署や社会保険事務所などに会社を設立した旨の届出をしなければいけません。またこれらの手続きは期限が決められているものがありますので、忘れずにおこなうことが大切となります。

会社を設立した場合に届け出が必要な諸官庁は、届出内容でいくつか分けられます。税金に関する届出となると、税務署や市区町村役場、県税事務所(都税事務所)が対象となります。保険に関する届出となると、労働基準監督署やハローワーク、社会保険事務所が対象となります。それぞれの提出書類には提出期限がありますので、きちんと確認をしておこなうことが大切なのです。

起業方法を順を追って簡単に説明をしましたが、以上の手続きで全ての起業に関わる手続きは終了となります。実際にやってみるとそれほど難しくはないのですので、毅然とした姿勢でのぞむと良いでしょう。

会社を設立して経営者になることは、『新会社法』などの成立によって以前よりもハードルは低くなっています。この環境を利用し、これからは雇われる立場から雇う立場に変わるのも悪い選択ではないと思います。また、一人で起業して、アウトソーシングを活用して会社を運営するのもリスクが少なく、おススメの起業・独立方法なのです。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

起業という道を考えた事のない人は、会社を興すことをとても難しく感じるかもしれませんが、会社を設立することは、それほど難しいことではないのです。まずは起業の流れを説明したいと思います。

起業方法として次におさえておきたいことは、起業登記に必要な書類の作成なのです。株式会社を設立登記する際に必要となる書類は、『就任承諾書』、『発起人決定書』、『資本金計上証明書』の3つとなっています。

起業に必要な『就任承諾書』、『発起人決定書』、『資本金計上証明書』の3つ書類は全て日付の記載が必要なのです。しかしこの書類の日付に矛盾があると、登記の申請ができなくなることもありますので気をつけましょう。

起業に必要な書類に関して、簡単ではありますが説明をしたいと思います。
・『就任承諾書』
就任承諾書とは、定款により選任された取締役及び監査役が、その就任を承諾したことを証明する書面となります。
・『発起人決定書』
発起人決定書とは、発起人が決めておくことで決定した事項を、定められた書式に従って記したもののことなのです。
・『資本金計上証明書』
資本金計上証明書とは、会社に出資した金額が資本金として計上したことを証明する書類になります。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

独立起業という生き方について考えてみたいと思います。

人生を活き活きと輝いて生きていくうえで、起業、会社設立という方法もあなたの人生の選択肢に入れない手は無いのです。

起業方法を知らない人は、会社を興すことをとても難しく感じるかもしれませんが、会社を設立することは、それほど難しいことではないのです。まずは起業方法のおおまかな流れを掴むことが大切ですので、まずは起業の流れを説明したいと思います。

起業方法として次におさえておきたいことは、出資金の払い込みなのです。定款の認証を公証役場でおこなったら、金融機関に出資金の払い込みをおこないます。出資金を金融機関に払い込むことで、金融機関から払込保管証明書というものが発行されますので、その証明書を取得します。

出資金の払い込みは発起人の個人の金融機関の口座に入金をします。そして払い込んだことを証明するために、その通帳のコピーをとることになります。以前は通帳のコピーなどではなくもっと面倒な手続きだったようなのですが、新会社法の成立で手続きが簡単になりました。また出資金を払い込む先の金融機関とは、銀行、信用金庫、信用組合が対象となります。郵便局への払い込みは認められておりませんので注意して下さい。

ところで『新会社法』とは、どのような法律かご存知ですか?『新会社法』は2006年5月よりスタートした新しい法律なのです。これまでの会社に関する法律を分かりやすく一本化をしたものとなります。『新会社法』の中身も分かりやすく、使いやすいものとなっているようなのです。

会社を設立して経営者になることは、『新会社法』などの成立によって以前よりもハードルは低くなっています。この環境を利用し、これからは雇われる立場から雇う立場に変わるのも悪い選択ではないと思います。また、一人で起業して、アウトソーシングを活用して会社を運営するのもリスクが少なく、おススメの起業・独立方法なのです。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
債務整理
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
プロフィール