仕事を辞めたい、もう会社に行きたくない、転職したい、もう嫌だ!と悩み、どうしていいのか分からず、ストレスを解消する手立ても見つからずにうつ状態が続いているのではないですか。

しかしそれは、あなたが自分らしく豊かに生きるためのチャンスの時期なのです。今までの自分自身の生き方を見つめ直すその時が今なのです。


ある意味とことん自分に向き合い苦しむことも大切なのかも知れません。仕事に悩み苦しんでいるということは、しっかり人間として誠実に生きていることの証なのです。

自分を信じてあげてください。自己を否定する必要なんか、全くないのです。これまでの頑張った自分を認めてあげて下さい。苦しむこともあるでしょう。悩むこともあるでしょう。しかし、それは産みの苦しみなのだと思っていいのです。悩み苦しんだ先には、きっと豊かに輝くあなたが必ずいます。

仕事 辞めたいは人生のチャンスなのです。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

仕事辞めたい。もう嫌だ!と思うことが周期的にくることはないですか?
もう嫌だ!もう仕事に行きたくない!という状況に陥ったときって、ホントどん底ですよね。しかし、考えてみてください。人間どん底までいくことが出来たら、実はしめたものなんです。

仕事が嫌だ!辞めたい!って悩んでいるときに解決策が簡単に見つからないのは当たり前のことなんです。たとえ、解決策が見つかっても、それは自分がやりたくない事である場合が多いのです。

ああすればこうなるって見えていたり、いろいろ方法を考えてもしっくりこないし…。いったいどうすればいいの?と悩んでいませんか。ほんと身動きが取れないですよね。そしてどんどん深みにはまっていくみたいな。

しかし仕事辞めたい、もう嫌だ!会社行きたくない!って思いつつ、道がふさがり道が断たれ、八方ふさがりになったときに、初めて見えてくる道があるんです。それが本当の自分が進む道なんです。

もう、とことん落込むのもいいかもしれませんね。何もかも手離さなければならないようなときに、「これだけは失いたくないなぁ」って思うものがあります。それが、自分の人生で本当に大切にしたいものだったりします。たくさん持っていると見えなくなっているものではないでしょうか。

それも、しっかりつかんではいあがった人は、本当の意味で強くなり、自分の望む人生を歩みはじjめます。多くの先人達のように。

仕事辞めたい。もう嫌だ!会社辞めたい!仕事に行きたくない!そんな日も、自分の人生の大切な日。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

仕事辞めたいなと思ったのは、社長や上司の姿に将来自分を重ねてからかもしれない。自分の未来はああいう姿なのかと思うと、生きる気がなくなります。毎日毎日このような日々をおくるのだろうか。何の為に、生きているのか。 毎日仕事をしていて、仕事中は忙しさのあまり考える力もありませんが、帰り道でふと思います。J-BOYを口ずさみながら、虚しくネクタイを緩めたことも数しれません。 一番の友人であり、同僚がこの春、 がんで永眠した。人生観がこのときから変わった気がする。

今の仕事では自分の目標すら見つかりそうにない。一生この仕事?自分は一生、今の仕事を続けていくのか。 最初は、夢いっぱいで始めた仕事で、それなりに楽しかったのは事実だが、 一生というか退職するまでのことですが、人生のほとんどの時間をこの仕事に費やすということになります。

成果主義の日々。魂をすり減らして生きてる日々。自分の可能性にもっとかけてみたい。もっと、わくわくして生きたい。そして、年収もアップさせたい。もう人に使われたくない。 自分の人生だから、自分でコントロールしたい。夢はかなうと信じる。今、会社辞をめようと思い始めている。しかし、今やっているプロジェクトだけは、きっちりと結果を出して、会社生活を終わらせます。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

仕事を辞めたい人と、今思っている人、生き方に悩んでいる人に聞いて欲しいスピーチです。

スティーブ・ジョブズ氏(Apple社創始者,CEO)のスピーチに字幕が付いて
YouTubeで公開されているので紹介しますね。

人が生きていく上で大きなターニングポイントを3つに、すごく簡潔に、しかし衝撃的に、凝縮して話されています。さすが、スティーブ・ジョブズ氏です。説得力が違います。

>>Stay hungry, stay foolish! by Steve Jobs

(※以下日本語訳より抜粋)
自分が間もなく死ぬことを覚えておくことは人生の重要な決断を助けてくれる私が知る限り最も重要な道具だ。

なぜならほとんどすべてのこと、つまり、他の人からの期待や、あらゆる種類のプライド、恥や失敗に対するいろいろな恐れ、これらのことは死を前にしては消えてしまい、真に重要なことだけが残るからだ。

いつかは死ぬということを覚えておくことは落とし穴を避けるための私が知る最善の方法である。何かを失うと考えてしまう落とし穴を。あなたはもう丸裸だ自分の心のままに行動しない理由はない。

皆の時間は限られているから誰か他の人の人生を生きることで時間を無駄にしてはいけない。

他の人の意見という雑音に自分自身の内なる声をかき消されないようにしよう。そして最も重要なことは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。

心と直感は本当になりたい自分をどういうわけか既に知っている。その他すべてのことは二の次だ。

Stay hungry, stay foolish
ハングリーであれ、バカであれ。

ジョブズ氏は、最後に言いました。力強いです。救われた気がしました。周りからなんて言われようと、力強くというか、より大きく起き上がる、周りからバカと言われてもいいんです。本気でバカになって生きるのです。自分の心の声を信じていいのです。やりたい事を一生懸命に、楽しくチャレンジする、そんな風に生きていいんです。

原文(英語)はスタンフォード大学のHPに掲載されていますので参考にしたい方はお読みください。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

仕事を辞めたい人、仕事に悩み苦しんでいる人に聞いて欲しい。
もう、無理をしないで下さいね。自分の心の赴くままに生きていけばいいんです。自分は、自分であっていいんです。
死にたいと思うくらいうつ状態なら、もう仕事は辞めていいんです。もう、これ以上あなたの魂をすり減らして、生きるのは止めにしませんか。


ランディ・パウシュ『最後の授業 - ぼくの命があるうちに』より

パウシュは聴衆に語りかける。
「夢を叶える道のりに障害が立ちはだかったとき、僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。
レンガの壁がそこにあるのには、理由がある。
僕の行く手を阻むためにあるんじゃない。
その壁の向こうにある何かを
自分がどれほど真剣に望んでいるか、
証明するチャンスを与えているんだ」。

特に好きな、言葉は、

未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だからこそバラバラの点であっても将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと信じなくてはならない。自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、とにかく信じること。点と点が自分の歩んでいく道の途上のどこかで必ずひとつに繋がっていく、そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。結果、人と違う道を行くことになってもそれは同じ。信じることで全てのことは、間違いなく変わるんです。


今、あなたに降りかかっている多くの苦しみも、悲しみもきっと、
最後は、一つの線で繋がっていくのだと思います。今は、点でしかないのかもしれませんが。


日本語字幕のついた動画
youtubeランディ・パウシュ『最後の授業 - ぼくの命があるうちに』

夢を叶える道のりに障害が立ちはだかったときに
時々見たいスピーチです。

【送料無料】最後の授業 DVD付版

【送料無料】最後の授業 DVD付版
価格:2,310円(税込、送料別)



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
債務整理
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
プロフィール