職探しをしていると思うように仕事が見つからない。そんな状況は誰もが体験する事です。悲観的に考えたら負けです。トコトン楽観的に行って下さい。そんな考え方が運を呼び込むのです。


職探しは運も多少なりともあると思います。自分が良いと思った仕事が見つかって、面接の予約をしようとハローワークの窓口にいくとします。そこで窓口の人が一言、「この求人さきほど決まっちゃいました・・・」こういうことって結構ありますよ。私も以前、ホームページ作成会社に応募しようとメールをしたら、昨日決まったと言われたことがあります。


職探しをしていると思うように仕事が見つからないことが誰しもあります。そういう時はどうすればいいと思いますか?見つかりそうもなくても職探しを続けるか、それとも職探しを中断して遊びにでもいくか、どっちがいいと思いますか?これは難しい質問かもしれませんが、私なら遊びにいきますね。


職探しを休止していて、もしそのときに良い求人があったとしても、それは運がなかったと思ってあきらめればいいんです。失業保険も最低90日間はもらえるわけですから、90日間をフルに使って職探しをしていけばいいと思います。心の余裕が結果的に良い方向に導いてくれると思いますよ。


職探しをしていても、希望の仕事が見つからない場合は、まずは職探しを休止して遊びにいったほうが良いと思います。やっぱり人間には休息は必要ですし、求人の数だって毎日行ってもそれほど変わらないと思います。それだったら1週間ぐらい間を空けてみるのもいいと思いますよ。


全ての今の現状は、あなたに必要な事。あなたは、きっと人の痛みも分かる人でしょう。ゆっくり、傷ついた翼を今は、休めてください。全ては、うまく行っていると考えて下さいね。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

職探しでは前職でのスキルにこだわらない方が精神的に楽ですね。


職探しを短期間で終わらせるためには、以前の自分を捨てることも必要です。同じ経理でも会社によってやり方も、考え方も違います。経験者ではありますが、また1から頑張る素直な気持ちを持つことが、再就職には求められていると思いますがいかがでしょう。


職探しをしていると、たまに役職経験者募集という、先ほどのような人が喜ぶような求人があるにはあります。でも給料は頑張っても40万円いくかいかないかぐらいです。とても前職の給料を満たせるような額はもらえません。多くは月30万円くらいです。でもこれだけ出してくれればよしとしないといけないと思います。


職探しで一番悪いケースは、全てにおいて前職の水準にこだわることです。これは中高年の人に多いそうですが、前職並の給料と地位、仕事内容を求めている人が多いです。自分は一流企業で総務部長をしていて、給料は毎月60万円はもらっていたって言われても、まずそんな仕事はありません。


職探しをしている人は、自分が今までどれだけのことをしてきたか誇らしげに語ります。しかしそのスキルはその会社の中でしか通用しないスキルだと気づいていません。技術職は別ですが、事務職を経験してきた人に関しては、前職でのスキルは役に立たないと思って臨んで下さいね。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

転職を考える


転職の悩みは、決して無駄にはなりません。仕事のこと、家族のこと、自分のことをこれだけ真剣に考えることは一生のうちにそれほどないと思います。自分の仕事は自分だけのものではありません。家族も関わってきますし、会社も関わってきます。転職の悩みを解消するのは難しいですが、これを機に今後の人生設計を家族で考えてみるのもいいと思います。


転職について考える時って、どんな時でしょう。会社の居心地が悪くないのであれば、転職を考えることはないと思います。でもスキルアップのために居心地がいい状態から、抜け出さなくてはいけないこともあります。転職の悩みは、正直言って誰も経験したくないと思います。出来れば今いる会社に一生勤めていたいと思うことが自然なのではないでしょうか。


転職をつねに意識する、つねに高いステージで仕事をしてみたいと思うことは、厳しい実力社会を生き抜くためには必要なことなのかもしれません。そういった高い意識を持って仕事をしていれば、今の会社でもやりがいのある仕事を任せてもらえるようになるはずです。そうすれば転職の悩みを感じることはありません。


人間は居心地の良いところにいると危機感が薄らいできてしまいます。これは、要注意です。こんな状態になってしまうと自分がおかれている現状を理解しようとしなくなるため、スキルらしいスキルを身に付けていずに、もし会社からリストラされてしまったら、他の会社では全く使えない人間になってしまいます。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

転職の悩み。やりたい仕事ができない日々。

転職の悩みの中には、今の会社では自分がやりたい仕事ができないと思っている人もいると思います。ですが、これが転職理由だとしたら転職に成功するのは難しいかもしれません。転職を考える前に、自分がやりたい仕事に就くために、どれだけのことをしたか説明できなければ難しいでしょう。


自分が就きたい仕事ができなかったからといって転職をする人は、次の職場でも自分がやりたいことができなくなった場合に転職してしまうかもしれません。少なくともそれが理由なのであれば、面接官は多少わがままな人間というふうに見てしまうかもしれません。これでは採用されることはありません。


転職の悩みが、自分がやりたい仕事に就きたいということなのでしたら、自分がどれだけその仕事に対して会社側にアピールしてきたかなどを説明出来るようにしたほうがいいでしょう。その仕事をやるために努力してきた過程を説明すれば、面接官もただのわがままではないということはすぐに分かると思います。


転職先の面接官も、なるべく有望な人を採用したいと思っています。最初から育て上げる新卒採用とは違い、転職組みは中途採用となります。中途採用で採用される人は即戦力として期待されているわけです。そして即戦力ですから、すぐにやめてもらっては困るわけです。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

仕事に悩み、今の会社から逃れたいという人は、今すぐにでも転職したい事と思います。仕事の悩みを抱えている人の中には、とにかく今の会社から逃れたいという人は多いでしょう。人間関係や上司との相性が合わずにストレスを抱えてしまっているかもしれません。そういった人間関係で上手くいかない場合は、自分から会社を変えるような方法でしか解決しないのかもしれません。


今の会社に何らかの不満を抱えている人は多いと思います。そしてその不満がどうしようもないものであればあるほど、仕事の悩みも大きくなります。人間関係でトラブルを抱えた人にとって、面接などで聞かれる転職理由は、本当のことを言うべきか迷うところです。

決断したのは人間関係かもしれませんが、もっと他にも転職を決断した理由があるかもしれません。自分を棚卸することが大切です。転職の理由の説明には、細心の注意を払っておいたほうがいいでしょう。本当のことを言うのが一番いいのですが、人間関係でのトラブルなどを面接時に言ってしまうと、トラブルメーカーだと思われることがありますので、面接時に不利になります。


仕事の悩みの中には、人に言えないようなこともあるでしょう。そのことをわざわざ面接時に言うことはありません。誰でも人には言えないことはあります。言わないことは嘘をつくことにはなりません。面接時に自分をアピールできる言葉を探し出す努力をしましょう。

転職のノウハウ - livedoor Blog 共通テーマ



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
債務整理
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
プロフィール