起業方法を知らない人は、会社を興すことをとても難しく感じるかもしれませんが、会社を設立することは、それほど難しいことではないのです。知識は力です。本当に自分がやりたい事をやるには、起業の道が一番なのです。まずは会社を設立する方法のおおわくの流れを掴むことが大切です。

会社設立の方法として、起業登記の申請書の作成となります。起業登記の申請書は全て様式が決められています。そのため記載内容などが決められた様式と異なる場合は、何度も法務局へ行かなくてはならなくなったり、最悪の場合は設立登記の申請自体がやり直しになってしまうこともありますので注意が必要なのです。

起業登記の申請書として作成すべき書類は以下の4つとなります。
・登記申請書
登記申請書には、商号、本店、登記の事由、登記すべき事項、課税標準額、登録免許税、添付書類などを記載することになっています。 
・登録免許税納付用台紙
登録免許税とは登記の申請をする際に納める税金のことをいいます。登録免許税は納付用台紙に税額分の収入印紙を貼り、登記の申請書を上にしてホチキスで止めて契印して納付します。

起業登記の申請書の書類の続きについてです。
・OCR用申請用紙
OCR用申請用紙とは、法律で定められている登記簿に載せることができる事項だけをコンピュータに読み取らせるため特殊な用紙のことをいいます。
・印鑑届出書
起業の登記の手続きでは代表者印の届け出も行ないます。代表者印の届け出は登記の申請が代表者本人からであることの確認のほか、会社の実印の登録という大切な意味を持っています。


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
債務整理
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ