起業という道を考えた事のない人は、会社を興すことをとても難しく感じるかもしれませんが、会社を設立することは、それほど難しいことではないのです。まずは起業の流れを説明したいと思います。

起業方法として次におさえておきたいことは、起業登記に必要な書類の作成なのです。株式会社を設立登記する際に必要となる書類は、『就任承諾書』、『発起人決定書』、『資本金計上証明書』の3つとなっています。

起業に必要な『就任承諾書』、『発起人決定書』、『資本金計上証明書』の3つ書類は全て日付の記載が必要なのです。しかしこの書類の日付に矛盾があると、登記の申請ができなくなることもありますので気をつけましょう。

起業に必要な書類に関して、簡単ではありますが説明をしたいと思います。
・『就任承諾書』
就任承諾書とは、定款により選任された取締役及び監査役が、その就任を承諾したことを証明する書面となります。
・『発起人決定書』
発起人決定書とは、発起人が決めておくことで決定した事項を、定められた書式に従って記したもののことなのです。
・『資本金計上証明書』
資本金計上証明書とは、会社に出資した金額が資本金として計上したことを証明する書類になります。


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
債務整理
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ